ロードレースやトライアスロンをこれから始めたい人に!Shimanoのコンポーネントは105以上でなければいけないの?

Sora

マラソンやトレイルランなどのスポーツをしている友達2人がトライアスロンを始めたいということで、自転車探しを手伝いにサイクルショップに何回か足を運んだのが今年の9月。

主に新宿のワイズロードやスペシャライズド直営店に行きながら、あれが良いこれが良いという話を楽しくしました。

個人的にはトライアスロン用にもロードレース用にも予算が豊富にあれば、エアロフレームのロードにパワーメーターとサイコンを合わせて買うのが良いと思いますが、予算が無ければ10万円ちょっとのエントリーグレードのロードでも全然問題無いと思っていました。

ただ、のお店でも店員さんからはトライアスロンやロードレースをやるなら105以上のコンポが良いと言われて疑問に。

元々105のピナレロに乗っている私ですが、一時期GiantのDefy3にSoraという丁度10万円ほどの価格の自転車でミドルのトライアスロンとクリテリウムを走っていた、私なりのレースグレードのコンポについて考えてみたいと思います。

これから始めたいけど予算があまり無くて困っているという方はぜひご参考に。

続きを読む

初心者に高級ロードバイクは必要無いと思う5つの理由

私が初めて購入したロードバイクはピナレロの2013年のミドルグレードモデル、FPクアトロ。

初めてのロードの購入にかなり頑張った感はありましたが、購入後はトライアスロンのオリンピックディスタンスからロングまでかなり活躍してくれたお気に入りの自転車です。

スプリントした時に感じる加速感や衝撃吸収性に優れたカーボンフレーム、そして何よりも軽さに魅了されやっぱりロードはフルカーボンじゃなきゃ、どうせ買うなら奮発して少し高めのロードがおすすめと一時期は思ってました。

この自転車に出会うまでは。

Defy-3-Black

2015年カナダに引っ越した際に現地で購入したGiantのエントリーモデル、Defy3。自転車盗難が多いと聞いたため、安めの自転車で何とか競技に使えるロードにしようとジオメトリー的にぎりぎり大丈夫なDefy3を選びました。

ピナレロのフルカーボンロードより重く、アルミフレームは路面からの衝撃をダイレクトにハンドルに伝えるため、購入当初は乗りにくい自転車だと思っていました。

しかし、慣れてくると第一印象は一変。トライアスロンやタイムトライアル、クリテリウムで使用したところピナレロ乗車時とそこまでパフォーマンスは変わっていないことに気づきました。

今ではミドルグレードからハイエンドまでのロードはロード初心者~中級者にはそこまで必要ないんではと思うまでになりました。

ちょっとロードレースにも興味があって、これから初めてのロードバイクを買ってみたいんだけど良いロードは高くてどうしようか迷ってる、予算が10万円程度、初めてのロードだけど恰好つけたいから高めのロードを買おう、と思っている方にぜひ一度考慮して頂きたい、高級ロードバイクがそれほど必要無いかも、と思う5つの理由をご紹介したいと思います。

続きを読む

ロードバイク購入時に揃えたい10の必須アイテム

ロードバイクを買ったらすぐに、もしくは納車前に揃えたいものがいくつかあります。

初めてのロードバイクに乗る方には馴染みの無い物もあると思いますのが、ロードバイクの購入が決まったモチベーションの高い段階で一気に揃えてしまうことがおすすめです。

そんなロードバイクライフに欠かせないアイテムを私が今まで選んだり見てきた中で良いと思った10の必須アイテムをご紹介します。

続きを読む

ロードバイクでパンクしても大丈夫!パンク修理のすすめ

IMG_9682

ロードバイクは細いタイヤを高い空気圧に維持して走るため、パンクの可能性はどんなに気を付けていても常にあります。

ほんのわずかな段差でパンクしてしまったり、小石を踏んだり道路の穴や路肩にある割れ目にたまたま落ちてしまった時など、パンクしてしまうシチュエーションは様々。

でもご安心を!ロードバイクのパンク修理はホイールにもブレーキにもクイックリリース機能が付いている場合がほとんどですので、簡単に車輪を外してチューブ交換かパッチを貼ることで修理が完了します。

何回かパンク修理をして慣れてくると、チューブ交換だけなら一回のパンク修理を10分以内に行うことも可能になります。

とっても簡単なパンク修理で、遠出の際にやり方を知っておくと安心なので、ぜひチャレンジしてみましょう!

ここからはクリンチャータイヤ、タイヤとチューブが別々の最も一般的なタイヤをお使いの場合の方法をご紹介しています。(完成車のタイヤはほとんどクリンチャーです)

続きを読む

初心者の方に役立つロードバイクの選び方 7つのステップ

Defy-3-Black

最近のスポーツタイプの自転車ブームの関係で、街中でもロードバイクをよく見かけるようになりましたね。

軽量なロードバイクは市街や郊外のオンロードで(舗装路)で高い巡航性能を発揮し、空気抵抗を考えて設計された車体とその軽量さにより楽に遠くに移動できる自転車です。

街中や自然・空気のキレイな山間部、郊外をロードバイクで駆け抜ける爽快感は、自動車には無い“移動する”という楽しみを味わえます。

シティーライドやダイエット、フィットネス、通勤、ロングライド、さらにはレースなどその楽しみ方は様々、あなたもロードバイクライフを始めてみましょう。

続きを読む