ロード用エアロヘルメットを使ってみて~カスク PROTONE(プロトーン)レビュー~

05538602

ロードバイクを最初に購入した時に一緒に買ったOGK KABUTOのMS-2というヘルメットを使うこと3年。トライアスロンやロードレース、トラック競技で使用してきましたが、そろそろ買い替え時ということで、今話題のロード用エアロヘルメットを春前から探していました。

そんな時に参考にしたのが海外のBikeRadarというエアロヘルメットの比較記事です。その中で上位だったヘルメットを比較して最終的に購入に至ったのが、イタリアのブランド、カスクのPROTONE(以下、プロトーン)というヘルメットです。BikeRadarの比較記事の解説はこちら。

2016年、ロード用エアロヘルメットが熱い!エアロヘルメットの効果のまとめ
2016年のロードレースシーズンも始まり、これからクリテリウム、ロードレース、トラック、そしてトライアスロンへと参加するレースが目白押しの今日この頃。そんな私に今必要なのは、レースで必要とされるスピードを維持するためのトレーニング、エアロ機材。やはり...

UCIワールドチームの中でもトップクラスのチームスカイとの共同開発で生まれたヘルメットで、通気性とエアロダイナミクスを重視して開発されたようです。

何より嬉しいのが2016年のグランツール、クラシックなどでチームスカイの選手が実際に使っているということですね。先日行われたツールドフランス第8ステージにて下りで怒涛の攻めを見せて話題になった、スカイのエース、クリス・フルームの頭上にあったのもこのプロトーンです。

チームスカイと同様にピナレロに乗る私にとって、ピナレロ×プロトーンはかなり気分の高まる組み合わせなので、プロトーンを買って大満足です。

有名選手・チームが使っているモデルという以外にも、3ヶ月実際にレースやロングライドで使って感じたプロトーンの効果と使用感をご紹介します。

続きを読む

日焼けを防ぎたいロードサイクリスト必見♪ロードバイク乗りのための日焼け対策徹底ガイド

Cyclist tans

7月に入り、これから夏真っ盛りという時期になりましたね。夏場のサイクリングに大切なのは、紫外線対策です!

ロードバイク乗りの日焼けとして有名なのがサイクルジャージで隠れない、首や腕、足、顔などの日焼けです。毎月1,000km以上走るガチ勢などと言われる本格派のサイクリストで日焼け対策をしていない場合に至っては、下の写真のように部分的に肌が真っ黒になってしまいます。

美的理由で日焼けをしたくないという人以外でも、必要以上に紫外線を浴びてしまうと疲労の蓄積やリカバリーが長引くことの原因となってしまいますので、ここはしっかり対策をしたいところ。

私の場合は、2013年のトライアスロンのトレーニングのために200km以上のロングライドを何度か行った際、初回のロングライドで日焼け止めを塗っただけで走った結果、腕・足・首が真っ赤になるほど焼けてしまい、帰宅後は疲労困憊でリカバリーに長い時間がかかってしまいました。

cyclist-tan-lines

以来しっかりとしたアイウェア、アームカバー、レッグカバーなどの日焼け対策アイテムを揃えて行き、今ではそこまでひどい日焼けをすることはなくなりました。

夏本番のこれからに向けて日焼け対策アイテムを探しているロードサイクリストのために、体の部位ごとにおすすめのグッズをまとめてみました。

続きを読む

2016年に被りたい!ヨーロッパのトッププロも使用するロードバイク用エアロヘルメット10選

Paris-Roubaix 2016

2016年プロサイクルロードレースシーズンが4月から本格的に始まりましたね。

ツール・デ・フランデルやパリルーベなどのクラシック、日本からは山本元喜選手が唯一参戦する開催されたばかりのジロ・デ・イタリアなど、ロードレースをYoutubeで観戦する日が多くなってきました。

そんなヨーロッパの大舞台でプロ選手たちが使用する最新の機材やウェアの中、最近エアロ化に大きな興味がある私が特に注目しているのがヘルメットです。

空気抵抗に大きな影響のあるヘルメットは、通常のロードヘルメットと比較してタイムの短縮に大きく役立つなど、エアロ機材の中でもホイールやフレームと比較するとコスパが高く手軽に求められる存在に。

エアロヘルメットの効果はこちらの記事にまとめてみました。

2016年、ロード用エアロヘルメットが熱い!エアロヘルメットの効果のまとめ
2016年のロードレースシーズンも始まり、これからクリテリウム、ロードレース、トラック、そしてトライアスロンへと参加するレースが目白押しの今日この頃。そんな私に今必要なのは、レースで必要とされるスピードを維持するためのトレーニング、エアロ機材。やはり...

4月にカスクのプロトーンというチーム・スカイが使用するヘルメットを購入してからも、プロ選手の頭上の目立つ位置にあるヘルメットへの関心は高まったままです。

そのため、2016年のサイクルロードレースでプロが着用しているヘルメットの中から注目の10点を独断と偏見で選んでみました。

これからヘルメットを購入しようと思っている方や、今流行りのエアロヘルメットを被ってプロのような格好良い見た目になりたい、という人はぜひご参考に。

続きを読む

2016年、ロード用エアロヘルメットが熱い!エアロヘルメットの効果のまとめ

Giro Air Attack Helmet

2016年のロードレースシーズンも始まり、これからクリテリウム、ロードレース、トラック、そしてトライアスロンへと参加するレースが目白押しの今日この頃。

そんな私に今必要なのは、レースで必要とされるスピードを維持するためのトレーニング、エアロ機材。

やはりレースの終盤まで戦える脚を残すには日々のトレーニング、エアロ機材の選択は非常に重要なんです。

(機材よりも走り込みが必要だということは重々分かっているんですが^^;)

エアロ機材の代表と言えば一本10万円以上は軽くするエアロホイール。使用したことが無い私には費用対効果がどうなのかが不明ですが、お値段的にどうしても敷居が高く感じてしまいます。

San Dimas Stage Race

それよりももっとお手軽にできるエアロ対策と言えば、より前傾姿勢を取るためのハンドルポジションの見直し、スキンスーツやエアロヘルメットの着用ではないでしょうか?

エアロヘルメットと言えば、TT競技で見るようなロングフィンと呼ばれる後頭部部分が細長く伸びたTTヘルメットを最初に連想しますが、セミエアロヘルメットと呼ばれるジロ・エアーアタックから始まった少ない通気孔とエアロ効果の高い形状のロード用エアロヘルメットが私の中ですごくホットな話題に。

十数万はするエアロホイールよりも2~3万円台で購入できるエアロヘルメットのほうが現実的に導入しやすく、3年間トライアスロンや各種の自転車競技で使用したOGK Kabutoのヘルメットにも飽きてきたこともあり、この2~3週間は練習をおろそかにしながらエアロヘルメットについてリサーチしてきました。

エアロヘルメットの着用でどの程度スピードが上がるのかという効果面と、どんな選択肢があるのか。あれこれ頭を抱えながら、調べたエアロヘルメットについて今回はまとめたいと思います。

2016年に被りたい!ヨーロッパのトッププロも使用するロードバイク用エアロヘルメット10選
2016年プロサイクルロードレースシーズンが4月から本格的に始まりましたね。ツール・デ・フランデルやパリルーベなどのクラシック、日本からは山本元喜選手が唯一参戦する開催されたばかりのジロ・デ・イタリアなど、ロードレースをYoutubeで観戦する日が多くなって...

2016年におすすめのトッププロが被るエアロヘルメットをまとめた記事もあります。

続きを読む

Sciconエアロコンフォートプラスのインプレッション

ロードレース、トライアスロンシーズンが始まる4月。これからの国内外の遠征のために、輪行バッグの購入を検討している人も多いと思います。

ハードケース、ソフトケース、そして輪行ボックスなどの様々な輪行用品あるの中で、プロユースとして人気&注目を集めるScicon(以下シーコン)のエアロコンフォートプラス。

(新城選手も使っているようですね)

小さなやボックスやハードケースとは異なり、難易度は低いながらも組み立て後の細かな調整を要する、ハンドルを外す、サドルを下げるなどの手間が要らず、前後輪を外してバッグに入れるだけというお手軽さが自慢の輪行バッグです。

中でも秀逸なのは、少しでもぶつけたりすると調整が必要になる繊細なリアディレイラー部分を保護する金具がついているため、航空会社の扱いによっては目的地に到着、組み立て後もシフターの調整要らずにすぐに乗車が可能な優れた機能を持っています。

さらにはキャスター付きで移動も便利という、もう輪行バッグとして欠点は無いんではないかというこのエアロコンフォートプラス。

実際にエアロコンフォートプラスを使ってみた感想や長所・短所、そしてこんな人におすすめという点を今回はご紹介します。

続きを読む