下りでとにかく飛ばしたい人に!ロードバイクの下りの速度アップテクニック

ロードレース

今年のツール・ド・スイスの個人タイムトライアル。下りで最高時速112kmを出したモビスターのヨン・イザギレように、ヨーロッパのプロ・サイクルロードレースの世界では下りで時速100kmを出すということは珍しくありません。

私はヒルクライムが苦手なので、上りの多いロードレースにはあまり出ませんが、トライアスロンのコースでは獲得標高1,500m以上のレースに何回か出場したことがあります。上った標高とほぼ同じだけ下る...

片足計測だけなら$399.99!格安のパワーメーター「4iiii(フォーアイ) Precision」をロードバイクで使ってみた感想・レビュー

パーツ・グッズ

PHOTO:4iiii Innovations

ロードバイクを買ってから気になるのが、自分がどれだけのスピードで進んでいるかということ。サイクルコンピューターを買ってスピードが分かると、ロードバイクに乗る楽しさが倍増します。

平坦で時速40km出た、坂を時速15kmで登れたなど、自分がどれだけ頑張って走っているかの大きな指標になります。

そして、サイクルコンピューターを使い込んで行くと次に欲しくなるの...

アイアンマンになりたいあなたへ~アイアンマン・トライアスロンの費用対効果について考えてみる~

トライアスロン

Ironman 70.3 Florida 2012

海外では熱狂的な支持者が多いアイアンマン・トライアスロン(IRONMAN)。スイム3.8km、バイク180km、ラン42.2kmと全長226kmのコースを制限時間17時間以内に完走しなくては行けない過酷なレースです。

2013年にスタンダード・ディスタンスのトライアスロンを始めた私は、せっかく始めたなら自分の限界に挑戦してみようと思い、翌年に初めてのアイアンマン・ディスタンスの五島長崎国際トライアスロン大会、通称バラモンキングに参加し初完走。同年の当時北海道の洞...

ロード用エアロヘルメットを使ってみて~カスク PROTONE(プロトーン)レビュー~

パーツ・グッズ

05538602

ロードバイクを最初に購入した時に一緒に買ったOGK KABUTOのMS-2というヘルメットを使うこと3年。トライアスロンやロードレース、トラック競技で使用してきましたが、そろそろ買い替え時ということで、今話題のロード用エアロヘルメットを春前から探していました。

そんな時に参考にしたのが海外のBikeRadarというエアロヘルメットの比較記事です。その中で上位だったヘルメットを比較して最終的に購入に至ったのが、イタリアのブランド、カスクのPROTONE(以下、プロトーン)というヘルメットです。B...

初めてのクリテリウムの走り方~押さえておきたい10のポイント~

ロードレース

Criterium

ロードバイク人気が高まる中、ロードレースに参加したいという人も多くなってくるようで、各地で様々なイベントが開催されていますね。

初心者の方には、自分のペースで走れるヒルクライムやエンデューロなどが人気のようですが、ロードレースならではの駆け引きや戦術を味わってみたいという人におすすめなレースがクリテリウムです。

1周1km前後のコースを周回するクリテリウムは、ロードレースの中でもハイスピードで落車も多いスリリングなレースの一種で、一度その魅力にはまってしまうと自転車中心の生活...