ライドロードバイクにようこそ!

Bavarian Outback

ライドロードバイクはロードバイク歴3年でロードレース/トライアスロン/トラック競技が趣味の管理人がロードバイクに関する様々なテーマを発信するブログです。

今私が気になる話題の他、日々使っている自転車用品のインプレッションやレースに関することなど、週1を目安にブログを更新しています。

ツイッターもやっていますので、ユーザーの方はぜひ交流をお願いします。

ロードレースやトレーニングの水分補給におすすめ!オリジナルスポーツドリンクのすすめ

市販のスポーツドリンクは甘すぎて苦手なんです

POCARI.

トレーニングや競技中のパフォーマンス、そしてリカバリーにも水分補給は大切だと言われていますが、スポーツ中の水分補給にと推奨されるスポーツドリンクの甘さや後味が苦手で今までずっと嫌厭してきました。

マラソンやロングディスタンスのトライアスロンのエイドでの補給は常に水を選択。スポーツドリンクを飲んだ後は、直後に喉の渇きを感じ結局すぐに水を求めてしまうからです。とにかく甘ったるく、後味も苦手で、水でいいやという感じで今まで水を選んできました。

しかし、2015年からクリテリウムを始め、負荷の高い30分以上のレースでは水をこまめに取っても、中盤からは喉だけでなく体の中から乾く感じを覚え、水以外の水分補給が必要なんでは思い、きちんとした水分補給を意識するようになりました。

尊敬をしているマラソンの川内優輝選手が特集された番組を見ていた時に、特製のスペシャルドリンクを準備しているという内容が紹介されていたことを思い出し、もしかしたら自分に合うスポーツドリンクって自分で作れるのかも、と気付き川内選手のスペシャルドリンクのレシピを元にオリジナルのスポーツドリンクを作ってみたら大成功。

飲みやすいだけでなく、クリテリウムや負荷の高いトレーニングの終盤も、今まで以上のパフォーマンスが継続出来ていることに気づきました。

このページでは市販のスポーツドリンクがお勧めできない理由や、オリジナルのスポーツドリンクの作り方などについて今まで調べたことをまとめてみたいと思います。

続きを読む

ロードバイク購入時に揃えたい10の必須アイテム

ロードバイクを買ったらすぐに、もしくは納車前に揃えたいものがいくつかあります。

初めてのロードバイクに乗る方には馴染みの無い物もあると思いますのが、ロードバイクの購入が決まったモチベーションの高い段階で一気に揃えてしまうことがおすすめです。

そんなロードバイクライフに欠かせないアイテムを私が今まで選んだり見てきた中で良いと思った10の必須アイテムをご紹介します。

続きを読む

ロードバイクでパンクしても大丈夫!パンク修理のすすめ

IMG_9682

ロードバイクは細いタイヤを高い空気圧に維持して走るため、パンクの可能性はどんなに気を付けていても常にあります。

ほんのわずかな段差でパンクしてしまったり、小石を踏んだり道路の穴や路肩にある割れ目にたまたま落ちてしまった時など、パンクしてしまうシチュエーションは様々。

でもご安心を!ロードバイクのパンク修理はホイールにもブレーキにもクイックリリース機能が付いている場合がほとんどですので、簡単に車輪を外してチューブ交換かパッチを貼ることで修理が完了します。

何回かパンク修理をして慣れてくると、チューブ交換だけなら一回のパンク修理を10分以内に行うことも可能になります。

とっても簡単なパンク修理で、遠出の際にやり方を知っておくと安心なので、ぜひチャレンジしてみましょう!

ここからはクリンチャータイヤ、タイヤとチューブが別々の最も一般的なタイヤをお使いの場合の方法をご紹介しています。(完成車のタイヤはほとんどクリンチャーです)

続きを読む

初心者の方に役立つロードバイクの選び方 7つのステップ

Defy-3-Black

最近のスポーツタイプの自転車ブームの関係で、街中でもロードバイクをよく見かけるようになりましたね。

軽量なロードバイクは市街や郊外のオンロードで(舗装路)で高い巡航性能を発揮し、空気抵抗を考えて設計された車体とその軽量さにより楽に遠くに移動できる自転車です。

街中や自然・空気のキレイな山間部、郊外をロードバイクで駆け抜ける爽快感は、自動車には無い“移動する”という楽しみを味わえます。

シティーライドやダイエット、フィットネス、通勤、ロングライド、さらにはレースなどその楽しみ方は様々、あなたもロードバイクライフを始めてみましょう。

続きを読む

ルールを守って安全なライドを!ロードバイクのマナー

ロードバイクを買ったばかり、という方にぜひ意識して欲しいことがロードバイクに乗る際のマナーです。

ロードバイクに限らず、自転車全般にはこんな形で乗ってくださいというルール(法律)が定められています。

今までママチャリしか乗ったことが無かったという方のため、安全にそしてルールを守ったロードバイクの乗り方やロードバイクのマナーをご紹介したいと思います。

続きを読む