あなたにおすすめのビンディングペダルはコレ!ビンディングペダル初心者講座

Shimano PDA520

自転車専用シューズの靴底に付けた金具がシューズとペダルを固定する仕組みのビンディングペダル。フラットペダルには無い自転車との一体感と引き足を使えるため、長時間のライドや上り坂ではそのメリットを最大限に感じられます。

通勤に毎日乗っている、ロングライドが趣味、ヒルクライムが好きで坂をよく上る、そしてロードレースに出てみたい、などなどもっと速く走りたいと言う方に欠かせないアイテムです。

慣れればもう手放せないロードバイクアイテムの1つになること間違いなしのビンディングペダルは、今まで使ったことが無いという方もロードバイクを購入したことをきっかけにぜひ試して欲しい物の1つです。

このページでは今まで3つのビンディングペダルを購入して使った経験のある私が、ロードバイク初心者の方が数多くあるビンディングペダルの中から自分に合った1つを選ぶことが楽になるよう、基本となるビンディングペダルの魅力と注意点、必要な工具やおすすめのペダルをご紹介します。

ビンディングペダルの魅力

ビンディングペダルの一番のメリットは何と行っても引き足が使えることです。踏む足と引き足でトルクをかけることが可能になり、より効率的で理想的な円運動に近いペダリングをすることが可能になります。

具体的には、フラットペダルではペダルが12時から4時半の位置にある時にペダルに力を加えることができますが、ビンディングペダルでは12時から一回りして12時に戻るまでどの位置でも均等に力を加えることができます。

そのため加速力が上がる、より早い速度での巡航が出来る、ロングライドなどで脚が疲れににくくなる、上り坂が楽になる、などのメリットが。

そして、最もペダルを踏むのに適した位置に足を固定することができるというメリットもあります。ペダルを踏む際はパワーロスを抑えるため、足の裏の親指の付け根にある「拇指球」と小指の付け根にある「小指球」を結んだ直線上でペダルを踏むようにしますが、その直線上の真下にクリートとペダル軸が来るようにセッティングすれば意識しないでも常に理想的な位置で足を固定することができます。

また引き足よりは注目度は低い部分ですが、自転車との一体感を感じられると言うメリットも。足とペダルが固定されることにより、上り坂や急カーブなどでの自転車のコントロール力が増す感覚を得られると思います。

他にも太ももの裏の筋肉、ハムストリングスをペダリング中に常に使うことになるの、太もも周りのシェイプアップに効果があるとかも。

ビンディングペダルの3つのデメリット

そんな魅力的なビンディングペダルもフラットペダルには無い3つのデメリットがあります。

まず1つ目は立ちごけの危険性。信号や歩道などで停止する場合に上手くクリートが外れずに倒れてしまうと言うことも。それが原因で車両と接触する事故も発生しているようです。停車時に焦らずに外すようにしたり、安全な場所で練習することで立ちごけを防ぐことができます。

2つ目は歩きにくさです。クリート(靴底に付ける金具)を付けたシューズはスニーカーなどよりもはるかに歩きにくく感じます。それはビンディングシューズは効率的にペダルを回すよう設計されているため、歩きやすさが少なからず犠牲になっているからです。

ライド中に少し歩きたいという場合は若干歩きやすいマウンテンバイク用のシューズとペダルを選んだり、スニーカーやサンダルなどを携帯すると良いでしょう。

そして3つ目は、膝や足首を痛める危険性があるということです。フラットペダルでは足とペダルが固定されていないため、足が自由に動くと言うメリットがあります。それに対し、ビンディングペダルでは足が固定されているため、クリートの向きや位置が悪いまま長時間乗っていると膝や足首に必要以上の負担が掛かってしまい、ケガの原因になる場合があります。

クリートの位置を調整するにはアーレンキーやドライバーが必要になりますが、乗り始めのころは細かくクリートの位置を変えながら自分に合ったセッティングを行うようにしましょう。また、ペダルの遊び(足が左右に回る幅)を広めに設定することでも足への負担を減らすことができます。

ビンディングペダルデビューに必要な4つのアイテム

ビンディングペダルを乗り始めるのに必要なアイテムを簡単に紹介します。

まず1つ目はビンディングペダル。クリートの固定ができるペダルが必要です。各メーカーから様々なグレード・形状のビンディングペダルが販売されています。

そして2つ目はビンディングシューズです。クリートの取り付けが可能なシューズを購入することにより、ペダルとシューズを固定することが可能になります。

シューズはマウンテンバイク(MTB)用のシューズを購入するとロード用のクリートを付けられないという問題がありますので、交換性の高いシューズを選ぶことがおすすめです。MTB用シューズにロード用のクリートは付けられない場合が多いと思いますが、ロード用のシューズには多くのクリートに対応していると思います。購入前に使う予定のペダルのクリートが付くか事前に確認しましょう。

3つ目はアーレンキーです。クリートの最適な位置を探すためには購入後は頻繁に調整に使うことになりますので、これも絶対に欠かせないアイテムの1つです。(クリートによってはプラスドライバーが必要な場合も)

そして4つ目はペダルレンチ。ペダルの取り付けに必要になる工具です。ペダル交換や取り付けの工賃は300円~1,000円くらいしますので、自分で工具を揃えてやるとお得です。専用のペダルレンチは1,000円以上しますが、ホームセンターで売っている15mmレンチを買えば500円もしないと思います。

ペダルによってはペダルレンチではなく、アーレンキーで取り付けをするものもありますので、ペダル購入前に取り付け方法を確認しておきましょう。輪行をしたい、という方には必須アイテムになるペダルレンチです。

また自分で交換する場合はねじ山にグリスを塗っておくと固着の防止に役立ちますので、出来ればグリスを揃えておくと良いでしょう。

おすすめその1~片面SPDペダル~

SHIMANOから発売されている片面SPDペダルのPD-A530。このペダルは名前通り片面がマウンテンバイク用のビンディングのSPDに対応していて、その反対側がフラットペダルという便利な商品です。

少し遠出をしたいという時はビンディングシューズで、家の周りや少し走る時だけは普通のシューズでと便利な使い分けのできるペダルです。

ビンディングペダル初心者の方、通勤にロードを乗る方、普通のシューズでもたまに走りたいという方におすすめ。

私はMTBに乗っていた頃に2年以上このペダルを使っていましたが、フラットペダルの面が縦長で広く、踏みやすいので快適に使えたペダルでした。また、慣れない頃は信号前などでクリートを外してフラット面に方足をのせて置くことで立ちごけを防げるという使い方もあります。

お値段も手頃なので、ビンディングペダルデビューしたいという方には最適なペダルだと思います。

おすすめその2~踏み心地の良いSHIMANO SPD-SL~

SHIMANOのロードバイク用のビンディングペダルシリーズのSPD-SL。材質・重量の異なるラインナップが複数用意されていて、ロードバイク専門店でもメインラインナップの人気ロード用ペダルです。

三角型のクリートはMTB用のクリート比べるととても大きく、そのためペダルを踏む面が大きくなりダイレクトに踏んでいる感触を得れたり、パワーを伝えやすいという特徴があります

ロード用シューズもSPD-SLも軽さとクリートの大きさが特徴で、長距離派やレース志向の方には疲れにくく、快適にペダルを長時間回せるタイプのペダルだと思います。

MTB用のクリートと比べると、軽くて効率的なペダリングができると言う魅力がありますが、歩きにくく、クリートの交換頻度が高いというマイナス点もあります。

私はアルテグラ PD-6800-9/16-STDを使っていますが、踏むという感覚と軽さは非常に気に入っていますし、特に引き足を使う場合はSPDよりも安定感があります。ロングライドにはMTB用のSPDよりSPD-SLがやはり一番だと思います。

歩く場合はクリートカバーを付けることで、歩きにくさとクリートへのダメージが軽減されるので、購入する場合はおすすめです。意外とスニーカーでもペダルを踏めるので、近場の買い物などではシューズを選ばないなんていう特徴も。

アルテグラなどのSPD-SL上位グレードはアーレンキーで取り外しができるので、メンテナンス時や輪行にもとっても便利です。

おすすめその3~膝に優しいスピードプレイ~

小さな丸型のペダルと、それを包み込むような長方形型のクリートが特徴のスピードプレイ。海外のプロチームにもチーム全体で採用されるほどの人気のペダルで、その人気の秘密は膝への負担の少なさです。

まず三角型のクリートと異なり縦と横の2層でクリートが構成されているため、クリートセッティングの際の微調整が容易です。そして、通常のロード用ペダルより足が左右に回る遊びの幅が広く、クリートに微調整ネジが付いているため左右の遊び幅もお好みに設定することが出来ます。

左右の遊び幅の広さは通常のビンディングよりもはるかに大きく、ロングライドなどで足が同じ角度にずっと固定されていて窮屈に感じて来た時など、少し足の角度を変えたいと言う時にクリート調整をすることなく角度を変えられるため、膝への負担やケガの可能性を低くすることができます。

膝に優しいという特徴の他はSPD-SLよりも軽い、ペダル両面にクリートをはめれるので信号待ちが楽、そしてクリートカバーを付けたまま使えるなどのメリットがあります。

しかし、クリートに定期的にグリスを塗ったり、ベアリング部分をこまめにグリスアップしたりと通常のロード用ビンディングよりもメンテナンスが必要になる、そしてクリート単体の値段が高いのでランニングコストが高くなる、などのデメリットもあります。

私は膝に優しいと聞いて、スピードプレイに乗っている家族に借りて数回使ってみました。250km以上のロングライドなどで試してみて、確かに膝へのストレスは少なく感じましたが、SPD-SLのがっしりしたダイレクト感が好きで、SPD-SLに戻ってしまいました。ペダリング中に足が左右にツルツルと回りやすいと感じましたが、これは私のペダリングスキルが高くないことと、遊びの調整が出来ていないからかもしれません。

その家族が元々ビンディングが苦手だったところ、スピードプレイが気に入って今ではスピードプレイ派になりましたので、好みが分かれるところかもしれませんが、膝に優しいビンディングが気になるという方には値段的にも試してみる価値が十分あると思います。

まとめ

ビンディングペダルは使い始めたら手放せない必須アイテムですので、ロードバイクデビューするという方にもすぐに揃えて欲しいと思います。

特にロードレースやトライアスロンではビンディングペダルを使っていない人のほうが少数派ですので、効率的なペダリングやスピードを求める場合はぜひビンディングペダルを使ってみてください。

ビンディングペダルも好みが分かれるところですので、まずは一番自分に合ってそうな1つを選んで使って何か不満があれば、別のペダルを使ってみて比べながらお気に入りを見つけるのも良いと思います。

コメント