ロードバイクで輪行デビュー☆おすすめの輪行袋&グッズ

電車などの交通機関を利用してロードバイクなどの自転車を運ぶことのできる輪行。輪行袋を購入してロードバイクをその中に入れるだけで、電車などへの持ち運びが可能になります。

輪行をすることによって今まで行ったことの無い場所までサイクリングして電車で帰る、逆に電車で遠出してから家を目指して走るなど、ライドできる範囲が大きく広がりロードバイクライフがもっと楽しくなること間違い無しです。

そして、ロングライド時に輪行袋を携帯しておけば万が一のメカトラブルの時やパンクが重なった時など、輪行して帰れるという安心感を得られます。

そんな快適なロードバイクライフに欠かせない輪行の注意点やおすすめの輪行方法、輪行袋そしてグッズなどを主に電車を使って輪行したいという方向けにご紹介します。

利用予定の交通機関で輪行可能か確認しましょう

輪行での利用機会の多いJRでは輪行袋の3辺の和が250cm以内、そして重さが30kg以内であれば電車内への持ち込みが無料でできます。通勤ラッシュ時など混雑している場合は他の乗客の邪魔になることから輪行できない可能性があるため、混む時間帯は避けて輪行することをおすすめします。

その他の私鉄や路線バス、長距離バス、飛行機では重さや大きさの制限、有料か無料かなどの輪行ルールが異なり、さらには輪行を許可していない場合もあります。

輪行できなかったというトラブルを避ける為に事前に利用予定の交通機関に確認してみることが大切です。

前輪を外すだけのタイプはオススメできません

オーストリッチ 超速FIVE輪行袋」や「タイオガ コクーン輪行袋」はペダルを付けたまま、前輪を外すだけの輪行袋はとっても便利。

ショルダーストラップでも担ぎやすいですし、前輪をはずだけなら面倒で時間の掛かる後輪周りのチェーンやスプロケットの保護など必要が無いのでスピーディーに楽に輪行することができます。

しかし、利用頻度の高いJRの輪行ルール「輪行袋の3辺の和250cm以内、重さ30kg以内」を基準に考えると、前輪だけを外すタイプは3辺の和が250cm以上になる場合も多いので、フレームの大きい人は前輪を外すだけの輪行袋は避けたほうが良いと思います。

さらに「タイオガ コクーン輪行袋」はサドルが輪行袋からハミ出てしまうので、こちらはJRの規定にある自転車の一部が露出してはいけない、というルールに抵触しますのでおすすめできません。

前後輪を外すタイプのほうがやはりコンパクトで駅構内で持ち運びやすく、JRの基準に適っているため使いやすいと思います。

輪行に必須&おすすめのグッズ

輪行に欠かせないのはエンド金具、チェーンやスプロケットカバー、軍手またはビニール手袋です。

エンド金具はホイールを外した状態でフレームの保護に使えるクイックリリースのような見た目の金具です。前後輪を外すタイプではリア側のエンド金具は必須アイテム、逆に前輪だけを外すタイプではフロント側のエンド金具は必須です。

輪行袋によっては付属品として含まれていたり含まれていなかったりします。輪行時にフレームの損傷の可能性を減らすアイテムですので、必ず用意しましょう。

チェーンやスプロケットカバーはそれら自体の保護や輪行袋の汚れを防ぐと言う意味でおすすめです。1,000~2,000円ほどで販売されていますので、輪行袋と一緒に揃えておくと良いでしょう。

後輪を外す際に手が汚れるので、出かけ先でキレイな手を保つために軍手やビニール手袋を一緒に携帯するしましょう。場所を取らないビニール手袋が一番良いと思います。

おすすめの輪行袋

電車での輪行がメインなら薄くて軽いタイプの輪行袋がおすすめです。

私が使っているのはオーストリッチの「輪行袋 ロード320」です。6,000円以下でリア用のエンド金具とショルダーベルトが付属、そして中仕切りもあるのでホイールを側面の大きな仕切りに入れられるためフレームが傷付きにくい仕様になっています。

丸めた状態でも結構大きいのでサドルに付けたり、フレームに括り付ける、リュックに入れるなどして携帯することができます。

まとめ

輪行は交通機関によって細かなルールがあるので、最初は輪行袋やエンド金具を買って使い方を覚えてと面倒に感じるかもしれません。

ただ一度輪行のやり方を覚えたらロードバイクで行動できる範囲が大きく広がりますので、もっとロードバイクライフが楽しくなると思います。

輪行経験が無い方も、ぜひこの機会に輪行に必要なものを揃えてもっと遠くにロードバイクで出かけてみてはどうでしょうか。