旅行用におすすめのヨガマット~マンドゥカ エコスーパーライトトラベルマット~

travel-mat1

体幹を鍛えるために、筋トレや体幹トレーニングを自宅で日々行っているトライアスリートやサイクリストの方は多いんではないでしょうか?

私もその1人で、2年前からお腹周りを鍛えるために体幹トレーニングを行っていますが、それに欠かせないのがヨガマットです。

マラソンやトライアスロンの大会に行く時だけでなく、旅行に行く時にも欠かさずに体幹トレーニングを行うようにしているので、私にとってヨガマットは自転車やランニングシューズと同じくらい必須のアイテムです。

今までヨガマットはカナダに住んでいた時にネットの掲示板で購入した安い物と、その後に購入したカナダの人気ヨガブランドのlululemon(ルルレモン)を使用していました。

lululemonのヨガマットは5mmのタイプで、木材や石のフローリングの多い欧米でも膝や肘を傷めずに使える優れもので気に入っていましたが、一番の難点はその重さでした。

何か軽くて良いヨガマットは無いかと探していた中で出会ったのが、このマンドゥカのエコスーパーライトトラベルマットです。

マンドゥカを実際に使ってみて

travel-mat2

マンドゥカを購入して3カ月になりますが、非常に満足の行く買い物です。

購入前に気になった点は厚みとグリップ感、そして持ち運び安さでしたが、どれも満足しています。

厚み

フロントとサイドプランクをよく行うので、薄いヨガマットだと肘へのサポートが低く、プランク中に痛みを感じることがあったので、約1.5mmという厚みに懐疑的でしたが、ヨーロッパの石材のフローリングでもそこまで気にならずに使えました。

少し痛く感じる時もありましたが、その時はTシャツや手拭いをクッション代わりに使いましたが、ほぼそのまま使っています。

lululemonの5mmほどの安心感はありませんが、それでも携帯性を考えれば合格点です。

グリップ感

プランク中に額からぽたぽた汗がしたたり落ちるような場合も、滑らずに安定してトレーニングできるためグリップ感はかなりあると思いました。

持ち運びやすさ

実寸は約955gと軽く、写真のように8つに折ればスーツケースに簡単に収まります。

私は機内持ち込み用の大きめのバッグに入れたり丸めてスーツケースに入れたりしています。

倍以上の重さのlululemonと比べると携帯性は抜群で、今までのヨガマットを持ち運ぶおっくうさが無くなりました。

まとめ

トライアスロン、マラソンなどの遠征に良く行くという方にぜひおすすめしたいヨガマットです。

私が行う体幹トレーニングの内容なら、手拭いを1つ用意するだけで十分普段使いに足るヨガマットで、もっと早く買っておけばと思いました。

購入は一番価格の安かった楽天のショップで行いました。

コメント