ガーミンVirb Editの言語設定を英語に変更する方法


PHOTO:Garmin

今回は備忘録的な投稿です。

購入したガーミンのアクションカムのVirb Eliteの動画編集のためにインストールしたVirb Edit。

直感的にシンプルに操作できるため、大体の機能をすぐに把握することができましたが、1点ハマってしまったことがあって時間を取られてしまいました。

それは、インストールした日本語版の言語設定を英語に変更することです。

カナダで一緒にレースした友人に動画紹介をする際に、ゲージの表示が英語になれば分かりやすいと思って言語設定を変更しようと思いました。

ソフト上では変更設定が無かったため、アンインストールして英語版を再インストールしても日本語設定のままだったため、言語設定の変更に時間が掛かってしまいました。

解決方法:言語設定ファイルを直接変更

最初にインストールした日本語版をアンインストールしても、プログラムファイルを完全に削除できなかったためか、英語版を再インストールしても日本語表示のままでした。

そのため、プログラムファイルを直接変更したところ英語表示が出来るようになりました。

インストール場所/Windows 10の場合

「C:\Program Files (x86)\Garmin\VIRB Edit」

この中にある「ja」という言語設定フォルダの名前を変更すればデフォルトの英語表示が可能になりました。私の場合はフォルダ名を「ja-off」にしました。

お使いのパソコンの環境によってはインストール先のパスが異なると思いますが、プログラムファイルを探して「ja」という言語設定フォルダを変更すれば基本的にどのパソコンでも英語表示がされるようになると思います。